プロジェクトRについて

| 投稿者: ロボコンスタッフ

↓↓最新記事はこの記事の下にあります.↓↓


Ppr_logo

東京工科大学 プロジェクトRは,NHK学生ロボコン,ABUロボコンでの優勝を目指して活動する団体です.

東京工科大学の戦略的教育プログラムとして,工学部機械工学科が2017年度から4年間の計画で実施する「ロボット開発を題材とする先進的教育プログラム」における活動です.
課外プロジェクトと授業科目の両方を活用して,技術レベルの向上を図ります.

2012~2016年度までは,コンピュータサイエンス学部の講義「プロジェクト実習 テーマR」として活動してきました.
2017年度からは,上記講義は機械工学科の3年次後期授業「機械創造応用」に置き換わります.
 

続きを読む

新年度の活動

| 投稿者: ロボコンスタッフ

みなさんこんにちは.
4月になってから新メンバーを募集した結果,
1年生が 18名
2年生が 5名
3年生が 15名

合計38名が新たに本プロジェクトに参加してくれるようになりました.
もともとが6名しかいなかったので,急に大所帯になりました.
それぞれが能力を存分に発揮でき,楽しみながら活動できる環境づくりができればいいなと思っています.
 
 
現在NHK学生ロボコン2017の追い込みの時期ですが,
新メンバーはそれらメンバーとは別に,
それぞれ技術力を高めるための活動に励んでいます.
今日はそれぞれの活動を紹介したいと思います.
 
まず3年生ですが,彼らはすでに実習等を通してある程度の技術を身に付けているので,
ロボコンで必要になるであろう技術の開発に取り組んでもらっています.
具体的には,
機械班はハンドや駆動ユニットの開発,
制御班は自動制御の基礎技術習得などを行っています.

Dsc_3237

↑3年生のミーティングの様子

ある程度知識のある人が活動を始めると,
「○○の技術を応用して,これこれを実現します.」
と,さも簡単にできそうな発言をすることが多く,
実際に設計・製作してみるとそう簡単にはいかないことがわかる.
ということがよくあります.
 
今回も例に漏れず,設計の報告を受けたときに,
私からすれば明らかにおかしい設計図が目の前に現れたことがありました.
実際にものを作ることが考えているよりも難しいというのは,失敗を経験しないとわからないことかもしれません.
ただ今回の場合は,明らかに失敗しそうで,かつ次につながらないような失敗になりそうだったので,色々とアドバイスをしておきました.
少し工夫すれば実現できそうなくらいまで.
 
今回成功するか失敗に終わるかは別にして,
この経験を通して,それぞれ成長してもらえればと思っています.
 
 
次に1,2年生は,ものづくりの経験がない人がほとんどなので,
アルミ材を切断して穴をあけるという基本的な加工技術から始まり,
3D-CADソフトウェアの操作方法や,マイコンプログラミングの基礎を学びました.
これからは機械班と制御班にわかれて,それぞれの専門スキルを身に付けて行ってもらいます.

Img_4448

↑機械加工講習の様子

Dsc_3254

↑3D-CAD講習の様子

Dsc_3266

↑マイコンプログラミング講習の様子

 

これら新メンバーの活動は,NHK学生ロボコンが終了したら一旦区切りをつけて,
そこからは学内ミニロボコン大会に向けて活動をスタートします.
せっかくロボコンの活動に参加してもらっているのにロボットを作る機会がないのはもったいないので,
ぜひここで,いろんなことを試して,時には失敗もして,さらに成長してもらえると嬉しいです.
 
ちなみにこの学内ロボコン,新メンバーだけでなく,NHK学生ロボコンに参加するメンバーも参加必須としているので,下剋上もあり得る大会です.
楽しみですね.


それはそうと,大会まで20日を切りました.
メンバーたちにも焦りが見え始めました.
とにかくどんどんロボットを動かして,頭と体も動かして,
大会では良いパフォーマンスを発揮できるようにしたいです.

Dsc_32822

↑練習場に向かうロボットとメンバー
 

NHK学生ロボコン2017まであと,19日
ABUロボコン2017まであと,96日(2017/5/23現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

2年連続大会出場決定!!!!!!!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

つい先ほど,先日提出した第2次ビデオ審査の結果が届きました.

タイトルにもあるとおり,
 
「通過」
 
でした!
2年連続の大会出場が決定しました!!
 
今年はシード権取れるかも?と前回の更新で言っていましたが,審査結果の通知書類には特に何も記載されておらず.
 
ちなみにシード権とは何かというと,大会では,3チームごとに8つのリーグに分かれて対戦を行ない,各リーグトップのチームが決勝トーナメントに進むようになっています.
リーグ戦で強いチーム同士が当たって共倒れしてしまわないように,シード権というものを設けて,シード権が与えれられたチームは各リーグ1チームずつとし,分散されるようになっています.
今年はどうなるのでしょうか?
 
ともあれ,大会で良いパフォーマンスを出せれば十分勝機はあると思っています.
これからさらに力を入れて,パフォーマンスを高めていきたいです.
 
 

第1次ビデオ審査では「B判定」という,大会出場すら危ぶまれる結果でしたが,第2次ビデオ審査ではこれを克服し,見事2年連続の大会出場を勝ち取りました.
これを機にさらに奮起して,大会ではいい成績を残せるように突き進んで行きたいです.

大会が俄然楽しみになってきました.
みなさん,応援よろしくお願いします!!
 

NHK学生ロボコン2017まであと,45日
ABUロボコン2017まであと,122日(2017/4/27現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

2次ビデオ審査提出完了!!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

本日,NHK学生ロボコンに向けた第2次ビデオ審査の資料を提出しました.

NHK学生ロボコンへ出場するためには,2回のビデオ審査を通過しなければなりません.

特に第2次ビデオ審査は,50チーム程度の応募チームが大会出場できる20チーム程度に絞られる大事な審査になります.
また,第2次ビデオ審査の成績が良かった場合はシード権が与えられ,リーグ戦を有利に進めれるようになっています.
 
2月初旬に第1次ビデオ審査の通過連絡をいただいてから(こちら),春休みの間に戦略の見直しや,2号機の開発を行ない,3月末に2号機が完成してからは,ほぼ毎日ロボットを動かしてきました.
 
活動開始当時は20名程度いたチームでしたが,最終的に2次ビデオ審査まで残ったメンバーは8名程度となってしまったり,
途中でルール違反しているところが見つかって対応に追われたり,
苦労も多かったですが,無事,ビデオを撮り終え,今回審査のために提出できました.
残ったメンバーは本当によく頑張ったと思います.

Img_4046_3

練習場所の地下倉庫にて


あとは審査の結果を待つのみです.
個人的には,大会出場はもちろんですが,シード権を狙える完成度だと思っています.
審査結果が届いたら,また報告させていただきます.
 
 

NHK学生ロボコン2017まであと,53日
ABUロボコン2017まであと,130日(2017/4/19現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

良くある質問(2017)

| 投稿者: ロボコンスタッフ

本プロジェクトでは,新年度開始に伴い,改めて参加希望者を募っています.
現在続々と集まっており,嬉しい限りです.

以下に,参加者募集の話をするときに良くある質問をまとめてみました.
参考になれば幸いです.

 

続きを読む

B判定

| 投稿者: ロボコンスタッフ

先日,NHK学生ロボコン2017へ向けた,第1次ビデオ審査の結果が届きました.
 

審査結果: 「通過」

 
とは言っても,エントリーした49チームすべてが通過とのことで,そんなに喜んではいられません.

また今年は,通過チームには,「A」「B」「C」の3つのランク付けがされていて,我々は真ん中の

「B判定」

でした.
喜ぶどころか,悔しさがこみ上げてきます.
 
ちなみに,A判定15チームに対して,B判定は24チームとのことなので,気を抜いてしまうと次の2次ビデオ審査で落選してしまう可能性が高くなってしまいます.
 
 
とは言え,審査前メンバーたちはかなり頑張ってたので,素直に褒めてあげたいです.
最後の最後までどれだけ粘れるか,今後も重要になってくるはずですから.
 
明日は審査後初のミーティングが開かれます.
1月末で講義としてのロボコン挑戦プロジェクトが終わり,いよいよ大会へ向けた本格的な戦いが始まります.
B判定から抜け出し,大会本番で活躍できるように頑張っていきたいと思います.

【速報】ロボコンプロジェクトの学生がテレビ出演!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

こんにちは,プロジェクトR指導教員の上野です.

速報です

12/23(金・祝)に放送される,「高専ロボコン2016全国大会」の放送に本学のロボコンプロジェクトの学生が出演します.
http://www.teu.ac.jp/information/2016.html?id=289

と言っても,主役というわけではなく,番組内で「ロボコン30周年企画」を紹介する中で登場します.

番組の詳細は以下のとおりです.

番組名:NHK総合「高専ロボコン2016全国大会」
 
 

私はここ5年ほど高専ロボコン全国大会で主審を務めまていますが,今年の競技はアイデアが多彩で,ロボットの動きもダイナミックなため,非常に見ごたえのある競技になっていると思います.
そういう意味でもぜひ,ご覧いただきたく思います.

書類審査通過!!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

先日提出した,NHK学生ロボコン2017~ABU・アジア太平洋ロボコン代表選考会~のエントリーシートの審査結果が届きました.
 
無事「合格」でした.
 
2017年大会には49チームが応募し,そのすべてが審査を通過したそうです.
2016年大会にエントリーしたのは42チームだったので,少しライバルが増えたようです.
 
大会に出場できるのは20チームほどで2016年と変わらないでしょうから,気を引き締めて活動していかないと出場を勝ち取るのは厳しいでしょう.
 
第1次ビデオ審査の提出締め切りは2017年1月25日です.
 
年末年始の休みが間にあることを考えると,年内にはロボットを完成させたいところです.
学生たちは実習工場で作業しながらコツコツ部品を作成しています.
完成が待ち遠しいです.

Img_9555

 
第1次ビデオ審査提出まであと,68日
NHK学生ロボコンまであと,205日(2016/11/18現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

エントリーシート提出完了!!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

さて,タイトルのとおりですが,NHK学生ロボコン2017のエントリーシートの提出が完了しました!
大会出場の第1歩を踏み出しました.

先日も書いた通り,2017年のルールは戦略を練るのが非常に難しいです.
様々なディスク射出機構を試し,それらを使った戦略を熟考し,最適の組み合わせを導き出したつもりです.

メンバーたちはすでに本設計に入り,一部加工も始まっています.
12月に完成する予定ですが,実際はどうなることやら,です.

去年とは違い,ほとんどの受講生が授業時間外にも活動してくれています.
また2016年大会に出場したOBたちも積極的にアドバイスしてくれいます.
頑張っている人は応援したくなるものですよね.

とにかく,各々が今できることに全力で取り組んでいき,その結果最高の物ができればいいなと思っています.

NHK学生ロボコンまであと,215日
ABUロボコン2017まであと,292日(2016/11/08現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

近況報告①

| 投稿者: ロボコンスタッフ

NHK学生ロボコン2017へ向けた活動が開始したのは前回の記事のとおりですが,日本語版ルールの発表とともに,スケジュールも公開されました.

2016年のロボコンは7月開催でしたが,来年,2017年は6月となります.
それ以前までは6月開催でしたが,2016年は会場の変更もあり7月でした.
従来通りのスケジュールに戻ったわけです.
これに伴い,審査のスケジュールにも若干変更がありました.
 
2016年大会 2017年大会
エントリーシート提出 2015年11月10日 2016年11月8日
第1次ビデオ審査 2016年2月9日 2017年1月下旬
第2次ビデオ審査 2016年5月6日 2017年4月下旬
大会本番 2016年7月10日 2017年6月11日
 
10日ほど前倒しになっているようですが,この10日が大きいなと感じています.
特に2016年は,第2次ビデオ審査へ向けた撮影をゴールデンウィークを使って行っていましたが,これはもうできません.
ただ,2017年の場合,大会自体が早まっているので,ゴールデンウィークに完成していないようでは大会には間に合いません.
昨年より早め早めに活動していければと思います.
 
さて,ロボコンプロジェクトの現在はというと,
エントリーシート作成へ向けた戦略・戦術の検討,
そのための試作機づくり,
フィールド作成等を行っています.
 
フィールドに関しては,2016年大会に比べてシンプルなので,すでに9割は完成しています.

Img_9005_2

 
問題は,機構の選定と,戦略・戦術の決定です.
2017年はアイデアの幅が広い分,機構の選定も慎重にならざるを得ませんし,
選択した機構によって取るべき戦略・戦術は変わってくるので,かなり難航しています.
 
メンバーたちは現在,複数の射出機構について試作,実験を繰り返しています.
そろそろ集約していかなければなりませんが,本当に,どの機構が良いのか,どのような戦略を取るべきか,正解が見えてきません.
 
しかし,正解がないのが本来ロボコンのあるべき姿であって,そういう意味では2017年のロボコンは非常に取り組み甲斐のあるテーマだなと感じております.
 
下の写真は,先日行った射出機構の実験の様子です.

Img_9017


 
この中から有効な一手が見つかるといいですが・・・
以上,近況報告でした.
 

NHK学生ロボコンまであと,240日
ABUロボコン2017まであと,318日(2016/10/13現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

«サマースクールを終えて