プロジェクトRについて

| 投稿者: ロボコンスタッフ

↓↓最新記事はこの記事の下にあります.↓↓


Ppr_logo

東京工科大学 プロジェクトRは,NHK学生ロボコン,ABUロボコンでの優勝を目指して活動する団体です.

メンバーで協力し,「おもしろい!」と言ってもらえるアイデアで"勝てる"ロボット作りを目指しています!

本プロジェクトは,東京工科大学の戦略的教育プログラムとして,工学部機械工学科が2017年度から4年間の計画で実施する「ロボット開発を題材とする先進的教育プログラム」における活動です.

課外プロジェクトと授業科目の両方を活用して,技術レベルの向上を図ります.

2012~2016年度までは,コンピュータサイエンス学部の講義「プロジェクト実習 テーマR」として活動してきました.
2017年度からは,上記講義は機械工学科の3年次後期授業「機械創造応用」に置き換わります.
 

続きを読む

大会を終えて

| 投稿者: ロボコンスタッフ

先日開催されたNHK学生ロボコン2018ですが,我々プロジェクトRは,予選リーグ2戦2敗で終わりました.
正直なところ,全く予想もしない結果に終わってしまい,ショックを受けております.

前日のテストランでは,1回目はうまく動かない部分がありましたが,2回目までにはそれを修正して,練習の時よりもいい動きができる状態になっていました.

万全の状態で挑んだ予選1試合目,受け渡しを完了し,1回目の投擲を成功するところまでは順調でした.
そして2回目の投擲の際,私の目には投擲に失敗したかに見えましたが,審判は成功と判断し,合図を出しました.
それを受けて選手は次の動作に移ったのですが,その途中で先ほどの判定が覆され,ロボットの再スタートを余儀なくされました.
今思えば,そこから少しずつ歯車が噛み合わなくなり,事態がどんどん悪化していったように思います.
結局その後,ロボットに不具合が生じ,満足に動くことができずに負けてしまいました.

2試合目も,前日には快調に動いていたはずのロボットもなぜか思ったように動かず,負けてしまいました.

Dsc_66122

試合中,トラブルに対応するメンバーたち

1試合目のジャッジは明らかなミスで,大会後に審判がミスが起こった原因の説明と,ミスに対する謝罪に来ました.
もちろん,ジャッジミスが敗戦のすべての原因でないことは承知していますが,それでも要因の一つであることには変わりありませんので,今後運営方法を含め,改善されることを願います.



さて,通常負けた場合,その原因がはっきりしていることが多いので,来年以降生かすことができるのですが,今年はなぜか違いました.
もちろん,はっきりしている部分もあるのですが,いまだに,なぜあれだけ順調に動いていたロボットが動かなくなったのか,わからずにいます.
そういう意味で,なんとなくもやもやが残っている状態ではありますが,立ち止まっていては何も変わりません.
上位校との技術力の差は明白で,これを縮めなければ勝てないことがわかったことは今大会の大きな収穫になりました.

これから次のシーズンが始まるまでに技術を磨いて,さらなる成長を遂げたうえで来年度の大会に出場できるよう頑張っていきたいと思います.

最後になりましたが,これまでご支援くださった皆様と,声援を送ってくださった皆様には心より御礼申し上げます.
今後の学生の成長と活躍にご期待ください.

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

大会に向けて

| 投稿者: ロボコンスタッフ

本日,6/10開催のNHK学生ロボコン2018に向けてロボットを発送しました.

Dsc_6361

発送前数日は,徹夜をしながらみっちり動作確認や修正が行われ,まだまだ不安な部分は多いとは思いますが,なんとか試合ができる形までは持って行くことができました.

大会で観客の皆様の前でロボットを動かせるのは短い場合は長くても2試合分の6分間.
早く課題達成できればそれよりも短い時間になります.
大会まで約10か月間,このわずかな時間にすべてを掛けて,苦労しながらも学生たちはロボットを作り上げてきました.
少しでもいい結果になること祈っています.




さて,それはそうと,チーム紹介映像が公式Youtubeからフライングで公開されました.
これが大会前ということもあり,クレームも入っていたようで,チームの代表に電話が掛かってきました.

大会前に公開してしまい,申し訳ない.ということや,
このまま公開していいか,それとも非公開にした方がいいか,を聞かれたそうです.

我々としては,大会会場で初めて公開して,皆さんの笑いを誘いたかったところでしたが,公開されてしまったのは仕方がないですし,このまま話題になって注目してもらえれば,こんなに嬉しいことはないと思い,「公開したまま」にしていただきました.

会場でも流されると思いますが,皆さん,我々のチーム紹介映像に是非ご注目ください.

Dsc_62242

みんなのおともだち,タクタクさん(3代目)と,ユウキ・ホンマだよ!


チーム紹介映像はシリーズものになっていて,年々進化しています.
是非これまでの映像もお楽しみください.
          2016年大会:https://youtu.be/nLw6__k88mk
          2017年大会:https://youtu.be/MdAWqf_pKQw
【New!】2018年大会:https://youtu.be/V2oLiznUdus



NHK学生ロボコン2017まであと,3日
ABUロボコン2017まであと,80日(2018/6/7現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

3年連続の!!!!!!!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

皆さんこんにちは.

テンション高めの上野です.

本日第2次ビデオ審査の結果が来ました.

このテンションから察していただけるとおり,我々東京工科大学プロジェクトRは,
第2次ビデオ審査に合格し,3年連続のNHK学生ロボコンへの出場が決定しました!

Photo



今回は1次ビデオ審査に合格した全48チーム中,44チームが第2次ビデオ審査に資料を提出し,24チームが6月10日(日)に開催されるNHK学生ロボコンの本戦に出場するとのことです.
エントリーシートの時点では52チーム応募されていたので,約2倍の倍率を勝ち抜いての出場決定です!
 
常に模索しながら探し求めてきた”自分たちにしかできない「何か」”を,学生たちが苦労しながらも実現し,その精度を少しずつ高めてきたからこそ得られた出場権ではないかと思っています.
この方向性が間違っていないということを証明するためにも,残り時間は限られますが,さらにロボットの性能や精度を上げて,大会で勝ち抜けるロボットに仕上げていってもらいたいと思います.

みなさん,応援よろしくお願いします!!
 

NHK学生ロボコン2017まであと,48日
ABUロボコン2017まであと,125日(2018/4/23現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

第2次ビデオ審査資料提出完了!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

本日,NHK学生ロボコン2018に向けた第2次ビデオ審査の資料を提出しました.
今回の審査は大会出場チームを決める審査なので,とても厳しい基準で審査されます.

春休みがあっという間に終わり,前期の授業が始まって忙しい中,メンバーたちはコツコツロボットの調整を行いながら,ビデオ撮影を行いました.
今年の競技は昨年と違い,スピード勝負です.
本チームにとっては苦手とする課題ですが,それをアイデアでカバーする素晴らしいロボットができたと思います.

審査結果は4月下旬に発表されるとのことです.
それまで大会でより良い結果を残せるように,ロボットの改良を進めていきつつ,
大会会場で流される30秒のチーム紹介動画についても考えていきます(この動画で会場をいかに沸かせるか,も我々のモチベーションの一つであります)

過去の動画はこちらから( 2016年 2017年 ) 

3大会連続の大会出場達成なるか,ドキドキの日々が続きます.
結果が来次第報告したいと思います. 
 

_dsc_5928

撮影した映像を確認するメンバーたち


NHK学生ロボコン2018まであと,53日
ABUロボコン2018まであと,130日(2018/4/18現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

2018年度が始まります

| 投稿者: ロボコンスタッフ

みなさんこんにちは.指導教員の上野です.

前回のビデオ審査通過の記事から2か月も経ってしまいました.
気づけば春休みももうすぐ終わりで,東京工科大学では4月9日から2018年度前期の講義が始まります.
時が経つのは早いものですね!

講義が始まってしまったらあとはあっという間で,NHK学生ロボコンの大会が開催され,あれよあれよで気が付けばいつの間にか夏休み...
というのが例年の私の感覚です.


はい,それはさておき,本日4月4日に,東京工科大学の入学式が蒲田キャンパスで執り行われました.
入学された皆さん,おめでとうございます.

今日の記事は,本日めでたく本学に入学された新入生の中で,少しでもロボコンやロボットそのものに興味のある人の目に留まればと思い作成しました.

ロボコンプロジェクトでは2018年度も,やる気のある新入生を募集します!

ロボコンって何?とか,

どんな活動するの?

とかいろんな疑問もあることでしょう.

それらの疑問を解消しつつ,一人でも多くの方にロボコンに参加してもらい,活動を通して専門的な知識や技術を身につけてもらいたいという思いから,下記の日程で説明会を実施します.

第1回 4/6(金) 16:30~17:30

第2回 4/09(月) 18:30~19:30

第3回 4/13(金) 18:30~19:30

第4回 4/16(月) 18:30~19:30

第5回 4/20(金) 18:30~19:30

内容はどの回も同じです.
また場所はいずれも研究棟C-108です.

研究棟Cは八王子キャンパス内にあるマクドナルドの裏側の建物です!


学部,学科は問いません.
興味のある方はぜひご参加ください!
よろしくお願いします.

参加を検討している方は,こちらの記事もご覧ください.

NHK学生ロボコン2018まであと,67日
ABUロボコン2018まであと,144日(2018/4/4現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

NHK学生ロボコン2018 第1次ビデオ審査 - 通過!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

本日,第1次ビデオ審査の結果が届きました.

結果は,無事 「通過」 とのことでした.

 
さて,昨年はこの第1次ビデオ審査時にA~Cの判定がありました.
そしてわれわれはB判定で悔しい思いをしたわけです.昨年度の記事はこちら

今年の判定はどうだろう,楽しみ半分,怖さ半分で待っていたわけですが,今年はなんと,判定はなしとのことでした.......少し残念です.

ただ,自己評価するとしたら,今年もB判定がいいところでしょう.
大会出場を目指すなら,ここで気を抜くことなく,活動を続けていけば問題ないでしょう.
ただ今年は去年までとは違い,そのさらに先を目指さなければなりません.
ここからは,大会で勝つべきことを考えて,できる限りのことをやってもらいたいと思います.


NHK学生ロボコン2018まであと,128日
ABUロボコン2018まであと,205日(2018/2/2現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

第1次ビデオ審査資料提出完了!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

皆さまお久しぶりです.
指導教員の上野です.

本日,第1次ビデオ審査のための資料を提出いたしました.
提出前は試験期間と重なり大変でしたが,無事ビデオを作成し,提出することができました.

特に今大会からは,学園側にご協力いただいて,学内でも一番大きな建物のホール部分をお借りしてロボットの試走ができるようになりました.
また使用可能な時間もこれまでより伸ばしていただいたので,かなり多くの進捗を生み出すことができるようになりました.
ただし,夜間は暖房が切れるため,凍えそうなほど寒いです...

これまでも地下の大きな倉庫をお借りすることで,ロボットの試走を行えていたのですが,柱があったり,床の凹凸が激しかったりして,満足のいく練習ができていない状態でした.
フィールドを展開するのに十分な広さがあるので,より実践に近い環境でロボットの試走・練習ができるようになりました.
ぜひこのチャンスを生かして,さらなる高みを目指していってもらいたいです.

_img_6463

今年から使用させていただけることになった,片柳研究所等1階ホール


さて,本プロジェクトでは,活動開始から今まで,各学年ごとにチームを組んで活動をしてきました.
結果として,2年生チームの完成度が高く,今後もそれを中心にチームを再編成して活動していくことになると思います.
それぞれ置かれた立場は異なり,それぞれに苦労はあったと思いますが,2年生チームのメンバーは2017年大会を経験していたためか,最後の追い込みに掛ける熱意が圧倒的に他チームとは異なりました.
これからも変わらない熱意で取り組んでいってもらえればと思います.

NHK学生ロボコン2018まであと,137日
ABUロボコン2018まであと,214日(2018/1/24現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

2018年プロジェクト始動~書類選考通過

| 投稿者: ロボコンスタッフ

こんにちは,指導教員の上野です.

前回の更新から間が開いてしましました.
その間に後期が始まり,NHK学生ロボコン2018年大会への活動も始動しております.

まずは先日,最初の関門である,エントリーシート=書類選考に通過したことを報告いたします.

これから大会に出場するためには,2回のビデオ審査に通過しなければなりません.
第1次ビデオ審査の締め切りは 1/24 とのことで,あまり日もありませんが,メンバー一同全力で取り組んでいきます.


さて,本プロジェクトですが,後期からは機械工学科3年次の授業「機械創造応用」と連動して進めて行きます.

この授業は,一般テーマと挑戦テーマに分かれており,どちらもロボットを製作する実習科目になっています.
そして挑戦テーマは,自ら志願し,より高度な技術を身に着けながら,NHK学生ロボコンへの出場を目指して活動をしていくものです.
もちろん,3年後期から活動を開始したのでは,大会出場などかなわないので,「戦略的教育プログラム」として,1年生から活動に参加するようになっています.

ロボコンで技術を磨きながら,3年生になれば単位ももらえるというおいしいシステムですね.
現在も,授業時間だけでなく,空きのある時間帯に積極的に作業をしてロボット開発を進めてくれている人もいます.
ロボットの完成が待ち遠しいです.


2018年のルールは,また折を見て説明をしようかと思っていますが,割と細かいところまで決まっているというところもあれば,全然そうでないところもあったりして,最初は基本的な動作すら決められないほどでした.
少しずつルールも修正されたり,質問の回答が返ってきて明らかになってきた部分もあって,多少進めやすくはなっていますが,やはりまだまだ疑問点の多いルールです.

また個人的には,決められた動作をするだけの,いわば産業機械を作らせるようなルールなので好みではないですが,
そんな中でも学生たちは”自分たちにしかできない「何か」”を模索しながら開発を進めていってくれています.

「その発想はなかった」と言われながらも「強い」と言われるようなロボットが理想です.

そんなロボットを目指して,勤労感謝の日の今日も,学生たちはロボコンの授業に取り組みます(授業は毎週木曜)

「とうロボ」に参戦してきました

| 投稿者: ロボコンスタッフ

9月2日に愛知県の豊橋技術科学大学で開催された,「とうロボ」に参加して参りました.

「とうロボ」とは,
「東海地区交流ロボコン」を略して「とうロボ」といいます。「日本のロボコンを強くしていく」という目標のもと、東海近辺の大学や高専が集まり互いに競い合いロボコン技術を向上させるための大会です。
大会内容は「NHK学生ロボコン」に似せてあり、より実戦的な大会となっています。大会後には技術交流会も設けられており、ロボコンについての情報や技術を交換し合うことにより技術レベルの向上を図ります。東海地区交流ロボコンのことで,「日本のロボコンを強くしていく」という目標のもと,東海近辺の大学や高専が集まり互いに競い合いロボコン技術を向上させるための大会です.
(とうロボ ホームページより)

と,あるように,学生ロボコンがオフの期間(6月の大会後~8月末)に掛けて,技術力向上のために開催されるロボコン大会です.
ルール的にもNHK学生ロボコンに近く,他のロボコン大会に比べて,より実戦的な大会となっています.
東海地区のロボコン大会ですが,近年では東海地区以外の大学からも参加があるとのことなので(豊橋技科大は私にとってはホームですし),今年思い切って参加させてもらいました.

今年のとうロボのルールは,運動会で用いられる玉入れ用の「玉」を投げて,フィールド上の籠に入れるというもの.
より多くの籠に玉を入れられたチーム,あるいはすべての籠に玉を入れたチームが勝利です.

本ロボコンプロジェクトからは,2チーム出場しました.
2チームとも,1~3年生が混ざり合ったチームです.
結果はというと,どちらも無得点で予選敗退.ほろ苦い結果となりました.

_dsc_4225

_dsc_4214

大会での2チームの様子

でもそれもそのはず,本来ロボコンは,大会前にきちんと練習をして,ロボットの動作の精度や信頼性を高め,大会に挑みますが,今回は2チームとも,ロボットが満足に動かないいまま大会会場に行きました.
ピットでも最後の調整を行ったようですが,それもかなわず,この結果です.

このような結果になった原因として,学生的には,時間が足りなかったとか,スケジュールの管理がなってなかったとか,メンバー同士のコミュニケーションが足りなかったとか,他大学に比べ継承された技術が少ないとか,いろいろあったかもしれません.

でも私的には,「自分がやってやる」という人が少なかったのが原因だと思ってます.

みんなどこかしら遠慮があったり,下級生は仕事を振られるまで待っていたりと,改善しなければならないところが多くありました.
2018年シーズンに向けて,気持ちを切り替えてロボコンプロジェクトに挑んでもらえると嬉しいなと思います.

今回のとうロボでは,他大学のチームに話を聞く時間が多く取ってあったので,学生たちはみな積極的に質問に行ったり,逆に質問されていたり,得るものは多かったのではないでしょうか.
自分たちの実力がわかったという意味でもいい経験になったことでしょう.
上にも少し書きましたが,来年のABUロボコンのルールも発表され,いよいよ2018年シーズンが始まります.
これまでの活動で得られた,

「ロボコン楽しい!」
「いろんなことを学びたい!」
「今度は負けたくない!」

という気持ちを忘れずに,自分の成長を楽しみながら皆で進んでいけるといいなと思っています.

_dsc_4230

豊橋技術科学大学にあった「GO TO THE FUTURE」の前にて
この標語の通り,メンバーたちは気持ちを新たに未来に向かって歩みだしました

ABUロボコン2018まであと,354日(2017/9/6現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹


今回のような貴重な機会を提供してくださった,とうロボ運営実行委員会ならびに関係者の皆さまに,この場を借りてお礼申し上げます.

キドキド MARK IS みなとみらい店で開催されたイベントに参加してきました!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

みなさんこんにちは.
本日8月24日,キドキド MARK IS みなとみらい店 にて開催された,
「ソフトソーサーであそぼう・学ぼうイベント」に,われわれプロジェクトRが参加させていただきました.


イベントについてはキドキド MARK IS みなとみらい店 ブログからどうぞ↓
https://kidokid.bornelund.co.jp/markis-minatomirai/blog/4267/


キドキドは,NHK学生ロボコン2017で使用されたソフトソーサーを取り扱っているボーネルンド様が運営する,室内のあそび場です.
今日はみなとみらいのマークイズにある店舗にお邪魔して,ロボットの実演や,ミニゲームなどを行いました.

控室からは子どもたちの「キャッキャ」という楽しそうな声が聞こえてきて,
ここにロボットが入っていったらどうなるんだろう?と少し不安もありましたが,
さすがはプロのスタッフの皆さん,
とてもよく練られた進行で,ゲームを織り交ぜながら,
参加していただいた皆さんに楽んでもらいながらロボットの魅力をしっかりと伝えられるような内容で,終始にぎやかな雰囲気でしたshinehappy01shine

1

2

われわれとしては,ただディスクを飛ばしただけなのですが,
子どもたちは,ひとつひとつのディスクの軌跡を最後まで目で追って,
的に当たったら拍手をしてくれたり,外れたら残念がってくれたり,
純粋にロボットがディスクを投げるのを楽しんでもらえたのが嬉しかったですshine

また,今日のイベントを目当てにご来場いただいた方もいたり,
テレビで見たのを覚えてくださっていた方もいたり,
いろんな方に興味を持って来ていただけたこともまた嬉しかったです.

学生たちにとっても,ロボットをつくるモチベーションアップにつながったと思います.

4

参加してくださった皆さんと記念撮影

3_3

質問に来る熱心な子もいました.
将来一緒にロボコンやる?と聞いたら愛想笑いで返されました.

大会も終わり,ロボットをお披露目する機会はオープンキャンパスくらいで,今後その予定もないので,これがロボットを動かす最後の機会だったと思います.
最後にこのようなイベントでロボットを披露させてもらえて,また見てくれた方々にはそれを純粋に楽しんでもらえて本当に嬉しかったです.

今回のような機会を与えてくださったボーネルンド様には心より感謝いたします.
本当にありがとうございましたm(__)m


プライバシーに配慮し,写真の顔部分にぼかしを入れています.
掲載に問題等ございましたら,お手数ですが下記までご連絡ください.
uenoyk@stf.teu.ac.jp (@を半角にしてください)

«学内ミニロボコン大会