プロジェクトRについて

| 投稿者: ロボコンスタッフ

↓↓最新記事はこの記事の下にあります.↓↓


Ppr_logo

東京工科大学 プロジェクトRは,NHK学生ロボコン,ABUロボコンでの優勝を目指して活動する団体です.

メンバーで協力し,「おもしろい!」と言ってもらえるアイデアで"勝てる"ロボット作りを目指しています!

本プロジェクトは,東京工科大学の戦略的教育プログラムとして,工学部機械工学科が2017年度から4年間の計画で実施する「ロボット開発を題材とする先進的教育プログラム」における活動です.

課外プロジェクトと授業科目の両方を活用して,技術レベルの向上を図ります.

2012~2016年度までは,コンピュータサイエンス学部の講義「プロジェクト実習 テーマR」として活動してきました.
2017年度からは,上記講義は機械工学科の3年次後期授業「機械創造応用」に置き換わります.
 

続きを読む

ロボコン体験ミュージアム 絶賛開催中!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

みなさんこんにちは,指導教員の上野です.

先日の記事で,千代田区の皇居近くにある科学技術館で「ロボコン体験ミュージアム」なるものが開催されることを告知しました.記事はこちらから

我々プロジェクトRが協力させていただいている「ロボット操縦体験コーナー」は,ご好評いただき,連日午前中には,その日の整理券が配布終了になっている状況です.

Img_7895

体験コーナーの様子
毎回12名程度の方に体験をしていただいています

体験コーナーでは2台のロボットを提供しています.

1台目が,2017年度の大会に出場した「タオル師匠」

Img_7917

タオル師匠の体験の様子
真剣に狙いを定めてディスクを打ち出しています

やわらかいフライングディスク(フリスビー)を飛ばすロボットです.

競技ルールは本来、投げたディスクを台の上に置く,というものでしたが,今回の体験では,投げたディスクをわっかに通すものになっています.

そして2台目が,2018年度,今年の大会に出場したスローイングロボットです.

Img_7931_2

スローイングロボットの体験の様子
小さい子でも,保護者の方と一緒であれば問題ありません

こちらは本来,全自動で動くロボットなんですが,今回のミュージアムに合わせてコントローラで操縦できるように改造しました.

こちらは、ロボットを移動させてシャトルコックを掴み、投げて輪っかに通すまでを体験できます。

これまで多くの方に体験していただいて,これを目当てに来てくれる人や,たまたま科学技術館に来ていて体験していく人など,さまざまですが,体験してくれた人がみな笑顔になってくれているのがとても嬉しいです.

中には,このロボットを目当てに来ました!とか,テレビで見たやつだ!と言ってくれる子もいたりして,長く続くロボコンの歴史の中で,未来の参加者になりうる世代にとって印象に残ったロボットを作れたというのはとても意義深いことだなと思いました.

さて,感傷に浸るのはこれくらいにして,
 
「ロボコン体験ミュージアム」は,8/26(日)までの期間中,毎日開催されています!

こんなに長い間イベントでロボットを動かす経験もないので,最後まで持つか心配ですが,みなさんの笑顔が見れることを楽しみにしながら,最後までイベントを盛り上げていきます(学生が).
もちろん,体験だけでじゃなく,ロボットについて気になるあれこれを質問してもらっても構いません.
下の写真のように,精いっぱい対応いたします.

Img_7925

ロボットは常に展示されているので,気になることがあったら
黄色いシャツを着たお兄さんに聞いてください!

ロボコン体験ミュージアムが開催されます!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

みなさんこんにちは,指導教員の上野です.
機械工学科のブログ(こちら)でも紹介させていただきますが,ロボコン体験ミュージアムの告知をさせていただきます.

ご存知の方もいるかもしれませんが,8月4日(土)~26日(日)の期間,千代田区にある科学技術館で「ロボコン体験ミュージアム」が開催されます.
我々ロボコンプロジェクト「プロジェクトR」はその中で,ロボット体験コーナーに協力をさせていただいています.

Img_7820

ロボコン体験ミュージアムの入口

このイベントは小学生向けのイベントで,普段テレビでしか見られないロボットを,実際に間近で見て,操縦体験することができます.
操縦体験は1日12回実施されます.1回30分で,15人程度の参加者が順番にロボットの操縦体験を行います.
今回のイベントには,学生ロボコンと高専ロボコンにそれぞれ出場したロボットが来ています.
学生ロボコンを代表して本学チームのロボットが,高専ロボコンからは毎年ユニークなロボットを製作することで有名な小山高専が参加しています.

4

小山高専のロボットたち
(左:SUPERザウルス君,中:フレンドルフィン,右:ケロミさん)

本学が今回イベントに持参したロボットは, 2017年のフライングディスクを飛ばすロボットと,先日開催された2018年の大会に出場したロボットです.

2

東京工科大学のロボット
(左:2017年度『タオル師匠』,右:2018年度『スローイングロボット』)

小山高専のロボットは恐竜やイルカ,カエルなど目を惹くものが多い中,我々学生ロボコンのロボットはどこか武骨な印象がありますが,外装等が無いので,ロボットの仕組みや構造が直接見れたりします.
少しツウな人が見ると面白いかもしれませんね.
ちなみに,このロボコン体験ミュージアムは,科学技術館に入館された方は無料でお楽しみいただけます.
※入館には入館料が必要です.
イベントの詳細は以下からご確認ください.

3

ロボコン体験ミュージアムのチラシ
 

また期間中の8月5日,26日(どちらも日曜日)にオープンキャンパスがありますが,こちらでもロボットの実演を行います.
イベントには持ってきていない,2018年大会のもう一台のロボットを実演します.
本番仕様の高速移動からのセンサを使った自律動作をお見せします.
動きはとても迫力がありますが,その一方で,計画された精密な動きは何度見てもおもしろいとおもいます.
ぜひ,こちらにも足をお運びください!

Dsc_6646

オープンキャンパスで実演予定のロボット

大会を終えて

| 投稿者: ロボコンスタッフ

先日開催されたNHK学生ロボコン2018ですが,我々プロジェクトRは,予選リーグ2戦2敗で終わりました.
正直なところ,全く予想もしない結果に終わってしまい,ショックを受けております.

前日のテストランでは,1回目はうまく動かない部分がありましたが,2回目までにはそれを修正して,練習の時よりもいい動きができる状態になっていました.

万全の状態で挑んだ予選1試合目,受け渡しを完了し,1回目の投擲を成功するところまでは順調でした.
そして2回目の投擲の際,私の目には投擲に失敗したかに見えましたが,審判は成功と判断し,合図を出しました.
それを受けて選手は次の動作に移ったのですが,その途中で先ほどの判定が覆され,ロボットの再スタートを余儀なくされました.
今思えば,そこから少しずつ歯車が噛み合わなくなり,事態がどんどん悪化していったように思います.
結局その後,ロボットに不具合が生じ,満足に動くことができずに負けてしまいました.

2試合目も,前日には快調に動いていたはずのロボットもなぜか思ったように動かず,負けてしまいました.

Dsc_66122

試合中,トラブルに対応するメンバーたち

1試合目のジャッジは明らかなミスで,大会後に審判がミスが起こった原因の説明と,ミスに対する謝罪に来ました.
もちろん,ジャッジミスが敗戦のすべての原因でないことは承知していますが,それでも要因の一つであることには変わりありませんので,今後運営方法を含め,改善されることを願います.



さて,通常負けた場合,その原因がはっきりしていることが多いので,来年以降生かすことができるのですが,今年はなぜか違いました.
もちろん,はっきりしている部分もあるのですが,いまだに,なぜあれだけ順調に動いていたロボットが動かなくなったのか,わからずにいます.
そういう意味で,なんとなくもやもやが残っている状態ではありますが,立ち止まっていては何も変わりません.
上位校との技術力の差は明白で,これを縮めなければ勝てないことがわかったことは今大会の大きな収穫になりました.

これから次のシーズンが始まるまでに技術を磨いて,さらなる成長を遂げたうえで来年度の大会に出場できるよう頑張っていきたいと思います.

最後になりましたが,これまでご支援くださった皆様と,声援を送ってくださった皆様には心より御礼申し上げます.
今後の学生の成長と活躍にご期待ください.

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

大会に向けて

| 投稿者: ロボコンスタッフ

本日,6/10開催のNHK学生ロボコン2018に向けてロボットを発送しました.

Dsc_6361

発送前数日は,徹夜をしながらみっちり動作確認や修正が行われ,まだまだ不安な部分は多いとは思いますが,なんとか試合ができる形までは持って行くことができました.

大会で観客の皆様の前でロボットを動かせるのは短い場合は長くても2試合分の6分間.
早く課題達成できればそれよりも短い時間になります.
大会まで約10か月間,このわずかな時間にすべてを掛けて,苦労しながらも学生たちはロボットを作り上げてきました.
少しでもいい結果になること祈っています.




さて,それはそうと,チーム紹介映像が公式Youtubeからフライングで公開されました.
これが大会前ということもあり,クレームも入っていたようで,チームの代表に電話が掛かってきました.

大会前に公開してしまい,申し訳ない.ということや,
このまま公開していいか,それとも非公開にした方がいいか,を聞かれたそうです.

我々としては,大会会場で初めて公開して,皆さんの笑いを誘いたかったところでしたが,公開されてしまったのは仕方がないですし,このまま話題になって注目してもらえれば,こんなに嬉しいことはないと思い,「公開したまま」にしていただきました.

会場でも流されると思いますが,皆さん,我々のチーム紹介映像に是非ご注目ください.

Dsc_62242

みんなのおともだち,タクタクさん(3代目)と,ユウキ・ホンマだよ!


チーム紹介映像はシリーズものになっていて,年々進化しています.
是非これまでの映像もお楽しみください.
          2016年大会:https://youtu.be/nLw6__k88mk
          2017年大会:https://youtu.be/MdAWqf_pKQw
【New!】2018年大会:https://youtu.be/V2oLiznUdus



NHK学生ロボコン2017まであと,3日
ABUロボコン2017まであと,80日(2018/6/7現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

3年連続の!!!!!!!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

皆さんこんにちは.

テンション高めの上野です.

本日第2次ビデオ審査の結果が来ました.

このテンションから察していただけるとおり,我々東京工科大学プロジェクトRは,
第2次ビデオ審査に合格し,3年連続のNHK学生ロボコンへの出場が決定しました!

Photo



今回は1次ビデオ審査に合格した全48チーム中,44チームが第2次ビデオ審査に資料を提出し,24チームが6月10日(日)に開催されるNHK学生ロボコンの本戦に出場するとのことです.
エントリーシートの時点では52チーム応募されていたので,約2倍の倍率を勝ち抜いての出場決定です!
 
常に模索しながら探し求めてきた”自分たちにしかできない「何か」”を,学生たちが苦労しながらも実現し,その精度を少しずつ高めてきたからこそ得られた出場権ではないかと思っています.
この方向性が間違っていないということを証明するためにも,残り時間は限られますが,さらにロボットの性能や精度を上げて,大会で勝ち抜けるロボットに仕上げていってもらいたいと思います.

みなさん,応援よろしくお願いします!!
 

NHK学生ロボコン2017まであと,48日
ABUロボコン2017まであと,125日(2018/4/23現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

第2次ビデオ審査資料提出完了!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

本日,NHK学生ロボコン2018に向けた第2次ビデオ審査の資料を提出しました.
今回の審査は大会出場チームを決める審査なので,とても厳しい基準で審査されます.

春休みがあっという間に終わり,前期の授業が始まって忙しい中,メンバーたちはコツコツロボットの調整を行いながら,ビデオ撮影を行いました.
今年の競技は昨年と違い,スピード勝負です.
本チームにとっては苦手とする課題ですが,それをアイデアでカバーする素晴らしいロボットができたと思います.

審査結果は4月下旬に発表されるとのことです.
それまで大会でより良い結果を残せるように,ロボットの改良を進めていきつつ,
大会会場で流される30秒のチーム紹介動画についても考えていきます(この動画で会場をいかに沸かせるか,も我々のモチベーションの一つであります)

過去の動画はこちらから( 2016年 2017年 ) 

3大会連続の大会出場達成なるか,ドキドキの日々が続きます.
結果が来次第報告したいと思います. 
 

_dsc_5928

撮影した映像を確認するメンバーたち


NHK学生ロボコン2018まであと,53日
ABUロボコン2018まであと,130日(2018/4/18現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

2018年度が始まります

| 投稿者: ロボコンスタッフ

みなさんこんにちは.指導教員の上野です.

前回のビデオ審査通過の記事から2か月も経ってしまいました.
気づけば春休みももうすぐ終わりで,東京工科大学では4月9日から2018年度前期の講義が始まります.
時が経つのは早いものですね!

講義が始まってしまったらあとはあっという間で,NHK学生ロボコンの大会が開催され,あれよあれよで気が付けばいつの間にか夏休み...
というのが例年の私の感覚です.


はい,それはさておき,本日4月4日に,東京工科大学の入学式が蒲田キャンパスで執り行われました.
入学された皆さん,おめでとうございます.

今日の記事は,本日めでたく本学に入学された新入生の中で,少しでもロボコンやロボットそのものに興味のある人の目に留まればと思い作成しました.

ロボコンプロジェクトでは2018年度も,やる気のある新入生を募集します!

ロボコンって何?とか,

どんな活動するの?

とかいろんな疑問もあることでしょう.

それらの疑問を解消しつつ,一人でも多くの方にロボコンに参加してもらい,活動を通して専門的な知識や技術を身につけてもらいたいという思いから,下記の日程で説明会を実施します.

第1回 4/6(金) 16:30~17:30

第2回 4/09(月) 18:30~19:30

第3回 4/13(金) 18:30~19:30

第4回 4/16(月) 18:30~19:30

第5回 4/20(金) 18:30~19:30

内容はどの回も同じです.
また場所はいずれも研究棟C-108です.

研究棟Cは八王子キャンパス内にあるマクドナルドの裏側の建物です!


学部,学科は問いません.
興味のある方はぜひご参加ください!
よろしくお願いします.

参加を検討している方は,こちらの記事もご覧ください.

NHK学生ロボコン2018まであと,67日
ABUロボコン2018まであと,144日(2018/4/4現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

NHK学生ロボコン2018 第1次ビデオ審査 - 通過!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

本日,第1次ビデオ審査の結果が届きました.

結果は,無事 「通過」 とのことでした.

 
さて,昨年はこの第1次ビデオ審査時にA~Cの判定がありました.
そしてわれわれはB判定で悔しい思いをしたわけです.昨年度の記事はこちら

今年の判定はどうだろう,楽しみ半分,怖さ半分で待っていたわけですが,今年はなんと,判定はなしとのことでした.......少し残念です.

ただ,自己評価するとしたら,今年もB判定がいいところでしょう.
大会出場を目指すなら,ここで気を抜くことなく,活動を続けていけば問題ないでしょう.
ただ今年は去年までとは違い,そのさらに先を目指さなければなりません.
ここからは,大会で勝つべきことを考えて,できる限りのことをやってもらいたいと思います.


NHK学生ロボコン2018まであと,128日
ABUロボコン2018まであと,205日(2018/2/2現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

第1次ビデオ審査資料提出完了!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

皆さまお久しぶりです.
指導教員の上野です.

本日,第1次ビデオ審査のための資料を提出いたしました.
提出前は試験期間と重なり大変でしたが,無事ビデオを作成し,提出することができました.

特に今大会からは,学園側にご協力いただいて,学内でも一番大きな建物のホール部分をお借りしてロボットの試走ができるようになりました.
また使用可能な時間もこれまでより伸ばしていただいたので,かなり多くの進捗を生み出すことができるようになりました.
ただし,夜間は暖房が切れるため,凍えそうなほど寒いです...

これまでも地下の大きな倉庫をお借りすることで,ロボットの試走を行えていたのですが,柱があったり,床の凹凸が激しかったりして,満足のいく練習ができていない状態でした.
フィールドを展開するのに十分な広さがあるので,より実践に近い環境でロボットの試走・練習ができるようになりました.
ぜひこのチャンスを生かして,さらなる高みを目指していってもらいたいです.

_img_6463

今年から使用させていただけることになった,片柳研究所等1階ホール


さて,本プロジェクトでは,活動開始から今まで,各学年ごとにチームを組んで活動をしてきました.
結果として,2年生チームの完成度が高く,今後もそれを中心にチームを再編成して活動していくことになると思います.
それぞれ置かれた立場は異なり,それぞれに苦労はあったと思いますが,2年生チームのメンバーは2017年大会を経験していたためか,最後の追い込みに掛ける熱意が圧倒的に他チームとは異なりました.
これからも変わらない熱意で取り組んでいってもらえればと思います.

NHK学生ロボコン2018まであと,137日
ABUロボコン2018まであと,214日(2018/1/24現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

2018年プロジェクト始動~書類選考通過

| 投稿者: ロボコンスタッフ

こんにちは,指導教員の上野です.

前回の更新から間が開いてしましました.
その間に後期が始まり,NHK学生ロボコン2018年大会への活動も始動しております.

まずは先日,最初の関門である,エントリーシート=書類選考に通過したことを報告いたします.

これから大会に出場するためには,2回のビデオ審査に通過しなければなりません.
第1次ビデオ審査の締め切りは 1/24 とのことで,あまり日もありませんが,メンバー一同全力で取り組んでいきます.


さて,本プロジェクトですが,後期からは機械工学科3年次の授業「機械創造応用」と連動して進めて行きます.

この授業は,一般テーマと挑戦テーマに分かれており,どちらもロボットを製作する実習科目になっています.
そして挑戦テーマは,自ら志願し,より高度な技術を身に着けながら,NHK学生ロボコンへの出場を目指して活動をしていくものです.
もちろん,3年後期から活動を開始したのでは,大会出場などかなわないので,「戦略的教育プログラム」として,1年生から活動に参加するようになっています.

ロボコンで技術を磨きながら,3年生になれば単位ももらえるというおいしいシステムですね.
現在も,授業時間だけでなく,空きのある時間帯に積極的に作業をしてロボット開発を進めてくれている人もいます.
ロボットの完成が待ち遠しいです.


2018年のルールは,また折を見て説明をしようかと思っていますが,割と細かいところまで決まっているというところもあれば,全然そうでないところもあったりして,最初は基本的な動作すら決められないほどでした.
少しずつルールも修正されたり,質問の回答が返ってきて明らかになってきた部分もあって,多少進めやすくはなっていますが,やはりまだまだ疑問点の多いルールです.

また個人的には,決められた動作をするだけの,いわば産業機械を作らせるようなルールなので好みではないですが,
そんな中でも学生たちは”自分たちにしかできない「何か」”を模索しながら開発を進めていってくれています.

「その発想はなかった」と言われながらも「強い」と言われるようなロボットが理想です.

そんなロボットを目指して,勤労感謝の日の今日も,学生たちはロボコンの授業に取り組みます(授業は毎週木曜)

«「とうロボ」に参戦してきました