プロジェクトRについて

| 投稿者: ロボコンスタッフ

↓↓最新記事はこの記事の下にあります.↓↓


Ppr_logo

東京工科大学 プロジェクトRは,NHK学生ロボコン,ABUロボコンでの優勝を目指して活動する団体です.

東京工科大学の戦略的教育プログラムとして,工学部機械工学科が2017年度から4年間の計画で実施する「ロボット開発を題材とする先進的教育プログラム」における活動です.
課外プロジェクトと授業科目の両方を活用して,技術レベルの向上を図ります.

2012~2016年度までは,コンピュータサイエンス学部の講義「プロジェクト実習 テーマR」として活動してきました.
2017年度からは,上記講義は機械工学科の3年次後期授業「機械創造応用」に置き換わります.
 

続きを読む

2年連続大会出場決定!!!!!!!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

つい先ほど,先日提出した第2次ビデオ審査の結果が届きました.

タイトルにもあるとおり,
 
「通過」
 
でした!
2年連続の大会出場が決定しました!!
 
今年はシード権取れるかも?と前回の更新で言っていましたが,審査結果の通知書類には特に何も記載されておらず.
 
ちなみにシード権とは何かというと,大会では,3チームごとに8つのリーグに分かれて対戦を行ない,各リーグトップのチームが決勝トーナメントに進むようになっています.
リーグ戦で強いチーム同士が当たって共倒れしてしまわないように,シード権というものを設けて,シード権が与えれられたチームは各リーグ1チームずつとし,分散されるようになっています.
今年はどうなるのでしょうか?
 
ともあれ,大会で良いパフォーマンスを出せれば十分勝機はあると思っています.
これからさらに力を入れて,パフォーマンスを高めていきたいです.
 
 

第1次ビデオ審査では「B判定」という,大会出場すら危ぶまれる結果でしたが,第2次ビデオ審査ではこれを克服し,見事2年連続の大会出場を勝ち取りました.
これを機にさらに奮起して,大会ではいい成績を残せるように突き進んで行きたいです.

大会が俄然楽しみになってきました.
みなさん,応援よろしくお願いします!!
 

NHK学生ロボコン2017まであと,45日
ABUロボコン2017まであと,122日(2017/4/27現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

2次ビデオ審査提出完了!!

| 投稿者: ロボコンスタッフ

本日,NHK学生ロボコンに向けた第2次ビデオ審査の資料を提出しました.

NHK学生ロボコンへ出場するためには,2回のビデオ審査を通過しなければなりません.

特に第2次ビデオ審査は,50チーム程度の応募チームが大会出場できる20チーム程度に絞られる大事な審査になります.
また,第2次ビデオ審査の成績が良かった場合はシード権が与えられ,リーグ戦を有利に進めれるようになっています.
 
2月初旬に第1次ビデオ審査の通過連絡をいただいてから(こちら),春休みの間に戦略の見直しや,2号機の開発を行ない,3月末に2号機が完成してからは,ほぼ毎日ロボットを動かしてきました.
 
活動開始当時は20名程度いたチームでしたが,最終的に2次ビデオ審査まで残ったメンバーは8名程度となってしまったり,
途中でルール違反しているところが見つかって対応に追われたり,
苦労も多かったですが,無事,ビデオを撮り終え,今回審査のために提出できました.
残ったメンバーは本当によく頑張ったと思います.

Img_4046_3

練習場所の地下倉庫にて


あとは審査の結果を待つのみです.
個人的には,大会出場はもちろんですが,シード権を狙える完成度だと思っています.
審査結果が届いたら,また報告させていただきます.
 
 

NHK学生ロボコン2017まであと,53日
ABUロボコン2017まであと,130日(2017/4/19現在)

プロジェクトR 指導教員
機械工学科 助教 上野 祐樹

良くある質問(2017)

| 投稿者: ロボコンスタッフ

本プロジェクトでは,新年度開始に伴い,改めて参加希望者を募っています.
現在続々と集まっており,嬉しい限りです.

以下に,参加者募集の話をするときに良くある質問をまとめてみました.
参考になれば幸いです.

 

続きを読む

«B判定